Top / ヘルプ / WIKIPLUS記法(コードビューでの記述)

WIKIPLUS記法(コードビューでの記述)

WIKIPLUSのエディター「コードビュー」での記法をご案内しています。コードを記述することにより、ワープロビューでは表現できないものを書くことができます。

目次

段落

コード

これは段落の1つめです。
(空行)
これは2つめの段落です。

出力例


これは段落の1つめです。

これは2つめの段落です。


改行

コード

テキスト1&br;テキスト2&br;
テキスト3

出力例


テキスト1
テキスト2
テキスト3


見出し(h2 ~ h5)

コード

* 見出し1
** 見出し2
*** 見出し3
**** 見出し4
***** 見出し5
*** IDつき見出し3[#id]

※IDつき見出し3の記述方法は、WIKIPLUSにより現在の書式に書き換えられます。

出力例


見出し1

見出し2

見出し3

見出し4
見出し5

IDつき見出し3


コード

[[リンクテキスト>index.html]]

[[リンクテキスト>http://www.justplayer.ne.jp]](target=_blank,blue,id=id)

出力例


リンクテキスト

リンクテキスト


リスト(ul,li)

コード

- リスト1
-- リスト2
--- リスト3
- リスト4

出力例


  • リスト1
    • リスト2
      • リスト3
  • リスト4

番号付きリスト(ol,li)

+ リスト1
++ リスト2
+++ リスト3
+ リスト4

出力例


  1. リスト1
    1. リスト2
      1. リスト3
  2. リスト4

定義文

コード

:define1|record1
::define2|record2
::: define3|record3

出力例


define1
record1
define2
record2
define3
record3

左寄せ・中央寄せ・右寄せ

コード

STYLE(left):左寄せ

STYLE(center):センタリング

STYLE(right):右寄せ

出力例


左寄せ

センタリング

右寄せ


文字装飾(bold, italic, linethrough, underline)

コード

テキスト&style(bold){ボールドテキスト};テキスト

テキスト&style(italic){イタリックテキスト};テキスト

テキスト&style(linethrough){取消線テキスト};テキスト

テキスト&style(underline){アンダーラインテキスト};テキスト

出力例


テキストボールドテキストテキスト

テキストイタリックテキストテキスト

テキスト取消線テキストテキスト

テキストアンダーラインテキストテキスト


強調・準強調・削除・挿入・上付・下付

コード

テキスト''強調テキスト''テキスト

テキスト'''準強調テキスト'''テキスト

テキスト%%削除テキスト%%テキスト

テキスト%%%挿入テキスト%%%テキスト

テキスト~~上付き文字テキスト~~テキスト

テキスト__下付き文字テキスト__テキスト

出力例


テキスト強調テキストテキスト

テキスト準強調テキストテキスト

テキスト削除テキストテキスト

テキスト挿入テキストテキスト

テキスト上付き文字テキストテキスト

テキスト下付き文字テキストテキスト


文字サイズ

コード

テキスト&style(size=6pt){6ptテキスト};テキスト

テキスト&style(size=32px){32pxテキスト};テキスト

出力例


テキスト6ptテキストテキスト

テキスト32pxテキストテキスト


コード

テキスト&style(#ff0000){赤色テキスト};テキスト

テキスト&style(bgc=#ffff00){黄色背景テキスト};テキスト

テキスト&style(32px,#ffffff,bgc=#000000){32px,背景黒,文字色白テキスト};テキスト

出力例


テキスト赤色テキストテキスト

テキスト黄色背景テキストテキスト

テキスト32px,背景黒,文字色白テキストテキスト


整形済みテキスト

コード

 整形済みテキストは行頭に半角スペースを入れます。

出力例


整形済みテキストは行頭に半角スペースを入れます。

引用

コード

>引用1
>>引用2
>>>引用3

出力例

引用1

引用2

引用3

このページのWIKIPLUSコード

テストページ等にコピーアンドペーストしていただくことにより、このページを再現することができます。

* WIKIPLUS記法(コードビューでの記述)

WIKIPLUSのエディター「コードビュー」での記法をご案内しています。コードを記述することにより、ワープロビューでは表現できないものを書くことができます。

** 目次

- [[段落>#paragraph]]
- [[改行>#br]]
- [[見出し(h2 ~ h5)>#heading]]
- [[リンク>#link]]
- [[リスト(ul,li)>#listul]]
- [[リスト(ol,li)>#listol]]
- [[定義>#define]]
- [[左寄せ・中央寄せ・右寄せ>#align]]
- [[文字装飾>#bold]]
- [[強調・準強調・削除・挿入・上付・下付>#strong]]
- [[文字サイズ>#fontsize]]
- [[色>#color]]
- [[整形済みテキスト>#pre]]
- [[引用>#quote]]

** STYLE(id=paragraph):段落

*** コード

 これは段落の1つめです。
 (空行)
 これは2つめの段落です。

*** 出力例

#hr()

これは段落の1つめです。

これは2つめの段落です。

#hr()

** STYLE(id=br):改行

*** コード

 テキスト1&br;テキスト2&br;
 テキスト3

*** 出力例

#hr()

テキスト1&br();テキスト2&br();テキスト3

#hr()

** STYLE(id=heading):見出し(h2 ~ h5)

*** コード

 * 見出し1
 ** 見出し2
 *** 見出し3
 **** 見出し4
 ***** 見出し5
 *** IDつき見出し3[#id]

※IDつき見出し3の記述方法は、WIKIPLUSにより現在の書式に書き換えられます。

*** 出力例

#hr()

* 見出し1
** 見出し2
*** 見出し3
**** 見出し4
***** 見出し5
*** STYLE(id=id):IDつき見出し3

#hr()

** STYLE(id=link):リンク

*** コード

 [[リンクテキスト>リンク先URLまたはパーマリンク]]
 
 [[リンクテキスト>リンク先URLまたはパーマリンク]](target=_blank,blue,id=id)

*** 出力例

#hr()

[[リンクテキスト>リンク先URLまたはパーマリンク]]

[[リンクテキスト>リンク先URLまたはパーマリンク]](blue,id=id,target=_blank)

#hr()

** STYLE(id=listul):リスト(ul,li)

*** コード

 - リスト1
 -- リスト2
 --- リスト3
 - リスト4

*** 出力例

#hr()

- リスト1
-- リスト2
--- リスト3
- リスト4

#hr()

** STYLE(id=listol):番号付きリスト(ol,li)

 + リスト1
 ++ リスト2
 +++ リスト3
 + リスト4

*** 出力例

#hr()

+ リスト1
++ リスト2
+++ リスト3
+ リスト4

#hr()

** STYLE(id=define):定義文

*** コード

 :define1|record1
 ::define2|record2
 ::: define3|record3

*** 出力例

#hr()

: define1|record1
:: define2|record2
::: define3|record3

#hr()

** STYLE(id=align):左寄せ・中央寄せ・右寄せ

*** コード

 STYLE(left):左寄せ
 
 STYLE(center):センタリング
 
 STYLE(right):右寄せ

*** 出力例

#hr()

STYLE(left):左寄せ

STYLE(center):センタリング

STYLE(right):右寄せ

#hr()

** STYLE(id=bold):文字装飾(bold, italic, linethrough, underline)

*** コード

 テキスト&style(bold){ボールドテキスト};テキスト
 
 テキスト&style(italic){イタリックテキスト};テキスト
 
 テキスト&style(linethrough){取消線テキスト};テキスト
 
 テキスト&style(underline){アンダーラインテキスト};テキスト

*** 出力例

#hr()

テキスト&style(bold){ボールドテキスト};テキスト

テキスト&style(italic){イタリックテキスト};テキスト

テキスト&style(linethrough){取消線テキスト};テキスト

テキスト&style(underline){アンダーラインテキスト};テキスト

#hr()

** STYLE(id=strong):強調・準強調・削除・挿入・上付・下付

*** コード

 テキスト''強調テキスト''テキスト
 
 テキスト'''準強調テキスト'''テキスト
 
 テキスト%%削除テキスト%%テキスト
 
 テキスト%%%挿入テキスト%%%テキスト
 
 テキスト~~上付き文字テキスト~~テキスト
 
 テキスト__下付き文字テキスト__テキスト

*** 出力例

#hr()

テキスト''強調テキスト''テキスト

テキスト'''準強調テキスト'''テキスト

テキスト%%削除テキスト%%テキスト

テキスト%%%挿入テキスト%%%テキスト

テキスト~~上付き文字テキスト~~テキスト

テキスト__下付き文字テキスト__テキスト

#hr()

** STYLE(id=fontsize):文字サイズ

*** コード

 テキスト&style(size=6pt){6ptテキスト};テキスト
 
 テキスト&style(size=32px){32pxテキスト};テキスト

*** 出力例

#hr()

テキスト&style(size=6pt){6ptテキスト};テキスト

テキスト&style(size=32px){32pxテキスト};テキスト

#hr()

** STYLE(id=color):色

*** コード

 テキスト&style(#ff0000){赤色テキスト};テキスト
 
 テキスト&style(bgc=#ffff00){黄色背景テキスト};テキスト
 
 テキスト&style(32px,#ffffff,bgc=#000000){32px,背景黒,文字色白テキスト};テキスト

*** 出力例

#hr()

テキスト&style(fgc=#ff0000){赤色テキスト};テキスト

テキスト&style(bgc=#ffff00){黄色背景テキスト};テキスト

テキスト&style(fgc=#ffffff,bgc=#000000,size=32px){32px,背景黒,文字色白テキスト};テキスト

#hr()

** STYLE(id=pre):整形済みテキスト

*** コード

  整形済みテキストは行頭に半角スペースを入れます。

*** 出力例

#hr()

 整形済みテキストは行頭に半角スペースを入れます。

#hr()

** STYLE(id=quote):引用

*** コード

 >引用1
 >>引用2
 >>>引用3

*** 出力例

> 引用1
>> 引用2
>>> 引用3