承認フローの概要

承認フローとは

ウェブページを公開する際に、承認者による承認を必要とする機能です。

承認フローのイメージ

about.png

WIKIPLUSの承認フローの特長

グループ単位によるユーザー・承認フロー

  • ユーザーとページ(ペイン)はそれぞれ共通のグループに所属し、グループは無制限に作成が可能です。
  • グループごとに承認フローを設定できます。また、承認が不要のグループも作成可能です。
  • それぞれの承認フローは無制限の多段設定が可能です。複数の承認を必要とすることで、サイトガバナンスを強化することができます。
  • ユーザーは複数のグループに所属できるため、複雑な組織体系にも対応します。
  • それぞれのグループには、他のグループから承認待ちのページを見られないように設定することができます。他部署への機密情報の漏洩を防ぎます。

ペインごとのグループ設定

pane_and_body.png

  • ひとつのページは複数のペインで構成されます。
  • ペインごとに所属グループを設定できるため、ひとつのページ内に複数の承認フローが必要なペインを混在することができます。

自動メール通知・コメント機能

  • 承認依頼や、承認/却下などのアクションごとに、関係者に自動的にメール通知をします。
  • それぞれのアクションではコメントを入力することができます。コメントは通知メールに記載されますので、却下理由や修正点などを周知することが可能です。

グループについて

ページ(ペイン)作成と編集権

ページ(ペイン)の作成と編集は、同一グループに所属するユーザーのみが行うことができます。

※管理者はすべてのページ(ペイン)の作成と編集が可能です。

group.png

  • グループAに所属するユーザーAとユーザーBは、同じくグループAに所属するページ(ペイン)を作成・編集することができます。
  • グループBに所属するユーザーCは、同じグループのページ(ペイン)は作成、編集することができますが、グループが違うページは作成・編集することはできません。グループA・グループBに所属するユーザーDは、それぞれのグループに所属するページ(ペイン)を作成・編集することができます。

グループの継承と変更

  • ページ(ペイン)を新規作成すると、そのページ(ペイン)のグループは上位階層のグループを自動的に引き継ぎます。そのため、階層単位による編集権の委譲が可能です。
  • ページ(ペイン)が所属するグループは、ユーザーが所属するグループ内で変更することができます(管理者を除く)。
  • 最上位のページグループは、管理者のみ設定することができます。

group2.png

初期グループ

以下のグループが標準で用意されています。

グループIDグループ名説明編集・無効化
admins管理者管理者用グループです。このグループに所属するユーザーは、すべての機能(FTP接続を除く)を使用することができます。
また、システム管理者はこのグループに所属し、変更することはできません。
不可
users一般ユーザー一般ユーザー用グループです。全てのユーザーは標準でこのグループに所属します。管理権限が必要な操作はできません。不可
ftpFTPユーザーFTP接続を使用するためのグループです。このグループに所属しているユーザーは、FTP接続を行うことができます。

ページ(ペイン)公開までの流れ

承認フローをご利用時の、ページ(ペイン)作成から公開までの流れをご紹介します。

承認フローの例

ここでは、以下ようなの承認フローを持つグループを例としています。

承認プロセスグループ
申請者(編集者)人事課社員
承認A(中間承認者)人事課マネージャー
承認B(中間承認者)広報部
承認C(公開者)ウェブマスター

承認申請~公開まで

この承認フローの場合、ページ(ペイン)を公開するまでは以下のプロセスを経る必要があります。

1. 申請「人事課社員」グループに所属するユーザーがページ(ペイン)を作成・編集し、承認申請をします。
2. 承認A「人事部マネージャー」グループに所属するユーザーが、ページ(ペイン)を確認し、承認/却下の判断を下します。
3. 承認B承認1で承認されたページ(ペイン)を、「広報部」グループに所属するユーザーが、ページ(ペイン)を確認し、承認/却下の判断を下します。
4. 承認C承認2で承認されたページ(ペイン)を、「ウェブマスター」グループに所属するユーザーが確認し、承認/却下の判断を下します。
5. 公開承認3で承認されたページ(ペイン)が公開状態へと移行します。