WIKIPLUSリポジトリの登録

アーカイブに含まれるファイル

WIKIPLUSライセンス登録の証書と共に納品されるアーカイブには、以下が含まれています。

jpc-client.crt
ジャストプレイヤー株式会社の配布サーバーにアクセスするためのクライアント証明書。インストールベースごとに異なる証明書が必要です。
jpc-client.key
ジャストプレイヤー株式会社の配布サーバーにアクセスするためのクライアント鍵。インストールベースごとに異なる鍵が必要です。

Red Hat Enterprise Linux 6の場合

リポジトリの登録

yumコマンドでWIKIPLUSのリポジトリとPostgreSQLのリポジトリを登録、またrhel-6-server-optional-rpmsを有効にします。

WIKIPLUSとPostgreSQLを同じサーバーにインストールする場合、WIKIPLUSはPostgreSQL Server 9.0 ~ 9.4に対応しています。そのときはインストールするPostgreSQLのバージョンにあわせたリポジトリを登録してください。
WIKIPLUSリポジトリRPMhttps://dist2.justplayer.com/releases/jpc-wikiplus-release-el6-1.0.0-3 .noarch.rpm
# yum install https://dist2.justplayer.com/releases/jpc-wikiplus-release-el6-1.0.0-3.noarch.rpm
# yum install http://yum.postgresql.org/9.4/redhat/rhel-6-x86_64/pgdg-redhat94-9.4-1.noarch.rpm

/etc/yum.repos.d/redhat.repo を編集し、「rhel-6-server-optional-rpms」を探してenabledを1にして有効化します。

[rhel-6-server-optional-rpms]
(中略)
enabled = 1
(後略)

パッケージの署名を確認するためのキーをRPMにインポートします。

# rpm --import /etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-JPCRPM

鍵と証明書を設置する

/etc/pki/jpc-wikiplus/に鍵と証明書を配置します。

コマンド例:

# mkdir /etc/pki/jpc-wikiplus/
# cp jpc-client.* /etc/pki/jpc-wikiplus/

Oracle Solaris 11の場合

(準備中)